おすすめ商品

ANCHOR RS8 EPSE

 

アンカーのレース系カーボンバイク。モデルが変わるたびに洗練されていくアンカーバイクの中でも、とりわけこのRS8はコンパクトで乗りやすく仕上がっています。通常アンカーは受注生産ですが、このEPSEはカラーが選べない代わりにホイールがワンランク上のFurclumを標準装備。さらに車体価格も15,000円安いということで人気です。標準カラーはアンカーらしいホワイトにレッド、ブラックをあしらって「JAPAN!」というか「KABUKI!」というか十分に日本ブランドをアピールできていて好感が持てます。これからガッツリ自転車走らせたい方に乗ってもらいたいオススメバイクです。

この自転車は即納できます。

価格は240,000円(税抜)

※アルテグラ(R8000)、新型105(R7000)への組み換えを承っております。お気軽にご相談ください。

2018年07月15日

【e-BIKE】corratec E-POWER X VERT

ユニットはBOSCH製。今時点でBOSCHのユニットを搭載しているバイクはTREKとBianchiと ternとcorratecの4社。本格的なMTBに搭載しているはcorratecだけです。手元のコントローラーでECO~TURBOまで4段階でアシストパワーします。少し挙動に慣れてきたらモードは常にTURBOということになります。登りが快適なのは言うまでもなく、平地ではリアの変速を怠ってしまうほどトルクフル。ベース車両が高性能なので下りも平地もストレスなく40㎞/hオーバーまで加速していきます。
価格は398,000円(税抜)

2018年04月22日

COLNAGO C64 レンタサイクルに追加しました


イタリアの老舗「COLNAGO」のフラッグシップモデルがC60からC64に更新されました。

当店でもレンタサイクル兼店長バイクとして1台組んでみました。

コルナゴのCシリーズは1989年のC35からはじまり「C」はCOLNAGO、CARBON?を表し数字はコルナゴ暦を意味します。1989年はコルナゴ創業35周年ということで、C40、C50、C60と周年モデルが続いています。2018年は中途半端ですが64周年。素材や技術の進化が目まぐるしく10年毎のモデルチェンジでは追い付かなくなり、C50以降はLighter VERSION、EXTREME CやEXTREME POWER、CRONO、EPS、C59など派生モデルがいくつも存在します。

2014年のC60の発売以降、軽量なモノコックモデル「V1r」が発売されレースの主流がC系からモノコック系に移ったかに見え、往年のコルナゴファンを悲しませましたが、この度、水面下で開発が進んでいたC64が発表され、否が応でも期待と注目が集まりました。

このタイミングでフラッグシップモデルをあくまでモノコックにせず、ラグタイプに拘ったコルナゴに敬意を表し、店長バイクとしてしっかり乗り込むことにしました。この乗り味、踏めば踏むほど加速する。フレームが意思を持つかのようにペダリングをあおってくる独特なフィーリングはEXTREME POWERに乗った時の感動に似ています。それでいて登り区間もV1rのように軽く、cannondale supersixEVOやSynapseのような極端な登坂性能ではないけど・・・ミリ単位でバイクをコントロールできる正確な反応性でアスファルトに常にベストなラインを描けるところが最高に気持ちいい自転車です。

是非一度体感してみてください。レンタル料金・・・30,000円(3時間)~※購入時キャッシュバック


2018年04月04日

MAVIC商品いろいろ入荷

MAVICの2018SS商品たくさん入荷しました。是非店頭で手に取ってお確かめください。

シューズ:COSMIC PRO LTD (限定ラ・フランス)・・・43,200円(税込)

ソックス:COSMIC MID SOX・・・1,836円(税込)

グローブ:Ksyrium ELITE GRAVE・・・4,860円(税込)

ジャージ:COSMIC JERSEY・・・9,720円(税込)

 

2018年03月30日

RITCHEY P-20

【極上】掘り出し物情報
RITCHEY P-20の紹介です。リッチーと言えばハンドル、ステム、シートポストなどのパーツでお馴染みですが、90年代、超軽量MTBで世界選手権などワールドクラスのクロスカントリーレースで勝利してきたフレームブランドです。ロードバイクでも9㎏以下が珍しかった時代にMTBで9㎏(20ポンド)を実現した車体。フレーム素材はあえてのクロモリ。しなやかなにしなるフレーム特性によりサスペンションを必要としなかったと言われています。アルミ、カーボン全盛の今現在では、このレベルのクロモリフレームを作ることは不可能ではないか?と思われるクロモリ全盛期の最終進化型のMTBです。フレームパイプはTANGEのプレステージを特別にチューニングした特注品。この極薄パイプを溶接できる工房として東洋フレームが選ばれ、世界に供給されました。アメリカのブランドが日本の素材を使って、日本で生産して世界で活躍する。夢のような自転車ですね。ぜひこの機会に伝説の自転車を手に入れてサイクリングに行ってみませんか?
1995年当時ジュラルミンやチタン材料を使って贅沢に組まれた1台ですが、ほとんど未走行で保管されていました。希望価格は50万円(相談可)

2018年03月27日

ANCHOR RL6W(for WOMEN)

アンカーのコンフォート系アルミバイクを女性のためにアレンジしたモデルがこのRL6Wです。サイズが小さめなのはもちろん肩幅や手の大きさ、サドルの形状など女性が快適にライドできるように調整されています。
価格は125,000円(税抜)

2018年03月24日

ANCHOR RS8 EPSE

アンカーのレース系カーボンバイク。モデルが変わるたびに洗練されていくアンカーバイクの中でも、とりわけこのRS8はコンパクトで乗りやすく仕上がっています。通常アンカーは受注生産ですが、このEPSEはカラーが選べない代わりにホイールがワンランク上のFurclumを標準装備。さらに車体価格も15,000円安いということで人気です。標準カラーはアンカーらしいホワイトにレッド、ブラックをあしらって「JAPAN!」というか「KABUKI!」というか十分に日本ブランドをアピールできていて好感が持てます。これからガッツリ自転車走らせたい方に乗ってもらいたいオススメバイクです。
この自転車は即納できます。
価格は240,000円(税抜)

2018年03月19日

guerciotti CARTESIO 105

 

イタリアの名門グエルチョッティのコンプリートバイクを組みました。とんがった性能より安定感・バランスを重視した設計になっており初心者でも安心して乗りこなすことができます。飽きがこないオーソドックスなデザインに好感が持てます。展示車のサイズはTOP:520㎜。身長165~170㎝あたりの方にフィットします。価格は245,000円(税抜)

2018年03月18日

cannondale SLATE APEX改フラットハンドル

グッドスピード17台目のSLATEはフラットハンドル仕様です。SLATEベースでMTBを作ってみました。

本格的なオフロード走行ではなく、島などの荒れた道でも快適に走れるバイクをお求めでしたのでSLATEベースが最適かと。
MTBに見えますがSLATEにはオンロードを速く快適に走れる秘密がジオメトリーにあります。


★ポイント①・・・短いリアセンター
リアセンター(クランク中心から後輪の中心までの距離)は405㎜。cannondaleで言えばSUPERSIXEVOやCAAD12などのレース系ロードバイクと同じくらい短く。MTBが430㎜前後なのでいかに短いか。がわかります。


★ポイント②・・・低いBB位置
BBドロップ(車輪の中心からクランク中心までの高さ差)は70㎜と低く、MTBが45㎜前後に比べてとても低い位置にクランクがあることになります。


★ポイント③・・・ショートストロークサスペンション
cannondaleが得意とする倒立片持ちサスペンションフォークはたった30㎜しかストロークしない完全SLATE専用設計。カーボン製のフォークは軽量で手元で減衰調整とロック/アンロックがコントロールできます。もちろんエア調整により体重に合わせた調整も可能。


これによりロードバイクのように軽快で高速巡行ができ、MTBのようなタフな走りができる万能バイクが完成したわけです。コンポーネントは将来ドロップ化を想定してアルテグラ系を採用しました。
納車が楽しみです。

2018年03月16日

BOTTECCHIA 8AVIO EVO(RED LAB限定)

イタリアの老舗ボッテキアのミドルグレードロードバイク「8AVIO(オッタビオ)EVO」です。豊栄朝練で井原が使用しているバイクの色違いです。軽さや乗り心地を重視して、速さを忘れた顧客に媚を売る最近のチャラい風潮に一石を投じる・・・まさに「ガツンと走る」通好みの乗り味です。滑り出しこそ軽く滑らかですが、スピードが上がるにつれ踏み応えのあるフィーリングに変わり加速感と安定感が増す自転車。
プロコンチネンタルチームの「ANDRONI SIDERMEC BOTTECCHIA」が2018年ジロ・デ・イタリアの出場を記念してチームカラーであるRED LABが限定で発売されました。
価格:288,000円(税抜・105仕様)

2018年03月12日

ANCHOR RJ1

キッズレーサー募集!


これから活発に運動したい(させたい)お子様をお持ちのお父さんお母さん。サイクリングをさせてみませんか?自転車競技と言えば大袈裟ですが、天気のいい土日にしまなみ海道を一緒に走ってみたり、近場で行われているキッズレースに参加してみたり、競輪場を走ってみたり。実はツーリングを含むサイクルスポーツはもっとも身近な運動×冒険です。
小学生にとって自分で操縦できる最速の乗り物が自転車です。男の子なら特に、興味を持たないはずがありません。うちの子は足も遅くて球技もダメ・・・と思っている子がインターハイに行ける競技も自転車ならではの魅力です。
<2台限定>
キッズ用ロードバイクANCHOR RJ1を75,000円(税込)でご提供します。
適応身長130~150㎝
価格:102,600円(税込)→75,000円

はじめてのお子様にも安心な補助ブレーキ付です

コンポーネントはシマノ製Clarisを採用。ギヤ比やクランク長もキッズ用に調整してあります。

 

2018年02月19日

COLNAGO C60

コルナゴの 最上級機種の名前につけるCは「COLNAGO」のCであり「CARBON」のC。数字は発売された年式。コルナゴ暦で60というと2014年を意味します。古くはC35というカーボンモノコックモデルが1989年に発売されていますが、1994年のC40以降はカーボンラグ+カーボンパイプで構成されたトラディショナルなフレーム。クロモリフレームのようにジオメトリーが自由に変えられる構造になっています。この流れに沿ってC60もラグ構造のカーボンバイク。低速域より中高速域以上が極端に気持ちいい乗り味は多くのシリアスレーサーを虜にします。おそらくちょっとやそっとの足自慢では頭打ちを感じることはできないことでしょう。特に加速中の直進安定性は他に類を見ません。コーナー出口では車体が傾いた状態でも力いっぱいペダルを踏み込めば弱アンダーに膨らみながら思ったラインのせることができます。クリテリウム系が好きな人にはベストな選択です。

今回グッドスピードのデモ車を更新しますのでこのC60(500S)を払い下げします。

フレームセット(ハンドル、ステム、シートポスト付、75万円相当)・・・40万円

写真の完成車(140万円相当)・・・70万円

※SOLD OUT

2018年02月17日

COLNAGO C-RS 105

 

改めてこのブランドの凄さを感じるバイクです。この価格帯のロードバイクは激戦区。20万円代:カーボン:105で探すと、どのメーカーも1~3機種は投入してきているはずです。その中でも佇まいから高性能を予感させるバイクは・・・やはりコルナゴです。シートステーを下側にオフセットさせながらトップチューブは過度にスローピングせず。シートステーのラインに合わせて前三角にフィンをつける手法は上位機種のCONCEPTやTTバイクと同様。空気抵抗の低減と高速域の安定感のバランスを狙っているものと思われます。
ペダリングに覚えのある中・上級者ならケイデンスを意識するだけで滑らかにスピードが上がります。高速域はコルナゴのもっとも得意とするところで下りや平地でスピードが乗れば乗るほど手の内に入ってくるあたりがコルナゴらしいです。
ヘッドチューブが長めに設定されているところをみると、派手なスプリントより、中・高速域でロングライドを楽しむ走り方や独走を得意とする人に乗ってもらいたい自転車です。
価格:291,600円(税込・ペダルなし)

2018年02月05日

DE ROSA AVANT

イタリアDE ROSAのカーボンロードバイクの入門編AVANTです。このバイクはアルミのように踏み応えのあるペダリングフィールが特徴的で初心者からレース志向の方まで「わかりやすくよく走る!」と好評です。ポップなカラーリングとDE ROSAに珍しくコンパクトサイズが用意されているので女性用?と思われがちですが、実写はとてもクールなイメージです。残念ながらメーカー在庫完売になっておりますが、グッドスピードには36.5(グレー)と45(ブラック)、2台の在庫があります。気になった方はお早めにお声かけください。
価格は299,160円(税込)

2018年01月23日

DE ROSA IDOL POTENZA


DE ROSAの人気モデル、IDOLの完成車です。もちろんカンパニョーロ仕様。DE ROSAのロゴをあしらったこのREVOデザインが数年前からDE ROSAのマイブーム。PROTOSをはじめ、選ばれたモデルで採用されています。またアパレル系もぬかりなくこのダルメシアンカラーを展開しており、戌年なだけに今年はコレが来そうな気がしています。
価格は440,000円(税抜)

2018年01月03日

CHORUS EPS

シマノの電動コンポーネント(Di2)が珍しくなくなった昨今でもカンパニョーロの電動コンポーネント(EPS)を見ることは稀です。発売は2012年なのですでに5年は経過しているというのに。値段が高いから。設定が難しいから。認定ショップでしか扱えないから。などいろいろ理由はありますが、一番は「値段がわかならいから」だと思います。カンパニョーロは高いというイメージが先行して実際よくわからない。コーラスEPSのフルコンポの価格は約36万円です。やはり価格帯は機械式も電動もDURA-ACEと同等ということですね。DURA-ACEでいいじゃん。ということになるのですが、カンパニョーロの魅力はそのなんとも美しい造形と直感的に操作できるレバー配置。
DURA-ACEとRECORDどちらが性能がいいか?という論議は僕が自転車をはじめた30年前から今でも続いていますが、指が動いて作動が終わるまでの速さと正確さはシマノかもしれませんが、脊髄が反応して作動が終わるタイミングが絶妙なのがカンパニョーロ。
登坂のダンシング中でもペダリングの隙間で変速してくれたり、どんなにパニックブレーキしてもリアがロックしないとか。多少の作動の不安定さに何かしら愛を感じながら自転車と向き合える人にオススメのアイテムです。
※カンパニョーロは電動コンポーネントではなく正しくは電子式コンポーネントと言います。今風に言うとAIなんでしょうね。

2017年12月30日

DE ROSA TITANIO

チタンフレーム入荷しました。カーボン全盛の現代において一番贅沢な素材がTITANです。素材が高価な上、加工がむずかしく、製品にするとハイエンドカーボンよりはるかに高額になってしまうため、ほとんどのメーカーが製品化をあきらめました。DE ROSAのハイエンドバイクはもちろんPROTOSですが、一番高いフレームはこのTITANIOなんです。イタリアで手作りしているので納期はかかりますが、時代に左右されず長く愛用できる一台をDE ROSA TITANIOで組んでみませんか?ホリゾンタルorスローピングの選択はもちろんサイズオーダーができます。価格:695,000円(税抜・ヘッド小物、チタン製シートポスト付属)

2017年10月30日

cannondale Synapse CARBON DISC 105

新しくなったシナプスが入荷しました。今回、ディスクブレーキ仕様のみモデルチェンジしました。リアステーがストレートになったこと、特徴だったハンガー付近で二股に分かれるシートチューブが、二股ではなくなったところ(Hi-MODは二股)が変更のポイントです。乗り味を一言で言うと「極端に登れるコンフォートバイク」。従来型もよく登るバイクでしたが、今回、さらにスムーズになりました。EVOに比べて高速からの加速で少しもたつきますが安定感があるのでしっかりペダリングできます。
今回小さいサイズ(44)をレンタサイクルとして豊栄自転車くらすに配置しました。メタリックネイビーとネオンイエロ―の組み合わせがとても深みがあってリッチな雰囲気。一目惚れ→即買いに注意です。
価格:280,000円(税抜)

2017年08月27日

SRAM RED e-TAP DISC

スラムの電動コンポーネントです。
スラムと言えば2007年にダブルタップという新たな変速システムでロードコンポーネント業界に参入。一気にシェアを拡大した上、たくさんのタイトルを獲得しているパーツメーカーですが、その秘訣は何と言ってもシンプルなところ。如何に簡素化するか練りに練られたデザインは軽量で美しいです。
今回の電動コンポーネントも操作は単純。右のレバーがUP。左のレバーがDOWN。それだけです。
フロントの変速は左右のレバーを同時に操作するだけ。今回はフロントシングルなので、その機能すら必要ありません。ケーブルはありません。すべてワイヤレスなので、異様にすっきりしています。
ライド中、作動音はまったく聞こえてこず…自動車のパドルシフトのように右・左をパタパタ触るだけであっけなくチェーンが流れていきます。この感覚楽しくなります。
価格は269,400円(税抜・e-TAPディスク)。ブレーキキャリパとローターまで含まれています。機械式変速システム+ディスクブレーキ仕様が同じ状態で224,240円なのでさほど値段が変わらない気がします。この際、e-TAPディスクを是非ご検討ください。
※上記の価格にはクランクセット、スプロケット、チェーンは含まれておりません

2017年08月25日

COLNAGO RAZZO

実は25年くらい前、コルナゴのロードバイクを所有していました。92年当時マスターのフレームが200,000円。下のグレードが95,000円。もちろん下のグレードでしたが、フォークとチェーンステーにメッキが施されたきれいなフレームでした。名前はスーパーだったか?忘れてしまいましたがパイプはCOLUMBUS SL。PanasonicのフレームもGIANTのCADEXカーボンも同じ95,000円だった時代です。
それから自転車の性能も価格もエスカレートしてコルナゴのクロモリフレームが一桁万円で買えるなんて時代はもう来るはずがなかったのですが、2017年のRAZZO。こんな形で現れました。ドロップハンドルでも105でもありませんが、れっきとしたロードバイクです。
価格:237,600円(税込)

2017年07月23日

shimano ULTEGRA (R8000)

新型アルテグラ(R8000)好評発売中です。
6月下旬に発売されました新型アルテグラ、初回入荷分完売しました。追加注文分も随時入荷いたしますのでご心配なく。現在フルメンテナンスが重なっており作業日数が7日くらいかかっております。
新型アルテグラについて
11スピードになって2代目。前作は11速化と共にシフトのレバー比とデュアルピボットブレーキの改良により劇的にタッチがよくなりました。今回の変更は先行発売された9100デュラエース同様、Rディレイラーのシャドー化とFディレイラーの取り回し改善です。ここ数年、一気に広がったディスクブレーキに対応すべくコンポーネントの仕様見直しが図られたわけです。
ここまではよいのですが、どうやら旧型の6800シリーズとの互換性はないようですので、これから自転車を購入しようとお考えの方は、注意して下さい!

価格は107,292円(税込・工賃込・標準8点セット)

2017年07月09日

cannondale supersixEVO Hi-MOD DISC × SRAM RED


supersix EVOが世界最軽量クラス695gとうたって登場したのは2012年モデルだったでしょうか。乗ってみると軽さよりも乗り心地の良さが際立ってました。とにかく滑らか。自然とケイデンスが上がり、シフトチェンジの度にスピードが上がる自転車で・・・揺れない自転車は速いことがわかりました。毎年モデルチェンジの度に「去年より剛性アップ!」「より軽量に」という時代に終止符を打ったモデルでした。それから各社、EVOに追従するようにレーシングバイクをコンフォートな方向に転換してきた一方、cannondaleはより快適性能を追求したモデルSynapseを2014年に発売。「コンフォートバイクは速くない」という常識を覆す高速巡行性能の高い自転車を作りました。翌年には他社に先駆けてディスクブレーキを標準化。ディスクブレーキ化するにあたり、左側にしかないブレーキを使って高速域から一気に減速する際にも車体がブレないようにカーボンレイアップを左右非対称にするなど、目に見えない改良を重ねてきました。

2017年のsupersixEVOはSynapseで培ったコンフォート技術とディスクブレーキを搭載するノウハウをすべて注ぎ込み、リニューアルされました。

現在考えられる最先端の自転車がココにあります。

価格:529,200円(税込・アルテグラ仕様)~

2017年03月29日

cannondale CAAD10 BLACK INC.Ultegra Di2

キャノンデールと言えばアルミ。というイメージは今でも健在。金型さえあればどこでも同じものが作れるカーボンと違い、どうしても職人の技術が必要になる金属フレームに何かしら愛を感じるサイクリストも多いと思います。そんな金属ファンには最先端のものよりその年代ならではの逸品を求める傾向があります。
このCAAD10は今でこそ旧型になりましたが、最新のCAAD12より乗り味がマイルドな上、ウェイトは12と同等1,150g(フレーム単体)。キャノンデールのブラックインクと言えば、そのモデルの最上級仕様。CAAD10のブラックインクはDi2専用設計にアルマイトマットブラックにゴールドロゴ。塗装よりキズがつきにくく軽量です。特別価格はアルテグラDi2仕様で318,826円(税込)

2018年1月・・・R8000Di2にコンポーネントを更新しました!

2017年02月11日

cannondale supersixEVO HiMOD

image31

キャノンデールのハイエンドモデルのスーパーシックスEVOは2017年から完全にカスタムオーダーに移行しました。(カタログモデルはDISCのみ)価格は一番リーズナブルな組み合わせ(アルテグラ)で55万円~です。この度ジャパンカップ優勝を記念して限定発売されたカーキ×オレンジはカスタムでも制作不可。世界にたった15台だけの限定車です。地味な色だな~と思ってましたが、このカーキ、艶消しなのにメタリックな質感。今流行のアーミー系ですが飽きの来ない絶妙なセンスです。グッドスピードにも1台回してもらえたので是非一度実物を見に来てください。グッドスピードのものは9100デュラエースに組み替えております。サイズは52(身長175cm前後の人にFITします)価格は65万円(税込)。早い者勝ちです。http://www.cannondalecustomlab.com/

2016年11月29日

レンタサイクルはじめました!

rentacycleinfo

試乗せずに高価なロードバイクが買えますか?この疑問に対して私たち自転車屋は長い間目を背けていました。グッドスピードではもっとたくさんの人にロードバイクの非日常的な気持ちよさを体験してもらいたく、試乗車を用意しました。いえ、この際、レンタサイクルにしましょう。都合の良い時にお好きな時間だけ自転車に乗ってみてください。

もちろん乗る場所は自由です。近所の山を登ってみたり、しまなみ海道にサイクリングに出かけてみたり。まだ自転車を持っていないアイツも誘ってみるか~的なご利用も大歓迎です。スキーやスノーボードを借りるようにロードバイクも借りられる時代が来ました。

安全には十分気を付けて・・・みんなのレンタサイクル。大事に使ってくださいね。

対応車種

cannondale QUICK4(2,000円/3hr~)

cannondale CONTRO(2,000円/3hr~)

cannondale CAAD OPTIMO TIAGRA(3,000円/3hr~)

DE ROSA AVANT・・・小さいサイズ (4000円/3hr~)

他にもたくさん自転車あります。申込・料金の確認・詳細は店頭でお問合せください。

2016年11月25日

完成車・フレーム在庫

2017年12月更新


メーカー/車種 カラー/サイズ/年式 定価 ポイント
ROAD DE ROSA
IDOL
POTENZA
ライトブルー/REVO
49.5
2018年
475,200円 デザインと性能の
グッドバランス
カンパニョーロ仕様
ROAD BOTTECCHIA
8AVIO EVO
105
カーボン/レッド
54
2018年
355,320円 がんがん乗りたくなる
典型的なイタリアンバイク
ROAD cannondale
CAAD12 DISK
105
グレー/イエロー
54
2018年
248,400円 CAAD12の
油圧ディスク
ブレーキ仕様
ROAD ANCHOR
RS8 EPSE
105
レーシングホワイト
49
2016年
259,200円 カーボン
ROAD cannondale
CAAD OPTIMO
TIAGRA
ブラック/グリーン
51
2018年
135,000円 CAAD12譲りの
レーシングジオメトリー
ROAD cannondale
CAAD OPTIMO
TIAGRA
ホワイト/レッド
48
2018年
135,000円 CAAD12譲りの
レーシングジオメトリー
CROSS
BIKE
cannondale
QUICK 4
ALTUS 27SPEED
ネオングリーン
M
2017年
83,160円 カーボンフォーク
の伸びのある
上質な乗り心地
ROAD
FRAME
DE ROSA
IDOL
レッド
49.5
2018年
289,440円 剛性と乗り心地のバランス!
ROAD
FRAME
DE ROSA
TITANIO
チタン
52
2018年
750,600円 最高の贅沢です
ROAD
FRAME
cinelli
superCORSA
グリーン
52
334,800円 伝統あるクロモリ
ROAD
FRAME
cannondale
CAAD12
マットブラック
52
2017年
162,000円 超軽量アルミ
2015年12月23日

特価品(旧モデル・B級品・組み換え品)

2017年11月更新


メーカー/車種 カラー/サイズ/年式 定価 特価
ROAD cannondale
Synapse CRB
105
グリーン
58
2015年
特別価格
324,000円
ROAD cannondale
CAAD10 BLACK
ULTEGRA Di2
ブラック
54
2014年
398,520円 20%OFF
318,826円
ROAD cannondale
CAAD8
105
グリーン
54
2015年
172,800円 ▲10,000円
162,000円
ROAD corratec
DOLOMITI
105
シルバー
42
2015年
174,960円 20%OFF
139,968円
MTB cannondale
TRIGGER HM
SRAM XX1
ブラック/グリーン
M
2015年
853,200円 30%OFF
597,240円
MTB commencal
META AM
SLX FOX
シアン
S
2014年
349,510円 30%OFF
244,657円
MTB cannondale
TRAIL 7
ALTUS 24SPEED
ブラック
S
2015年
   
2015年12月22日