cannondale CAAD12 TIAGRA 2018


アルミと言えばcannondale。cannondaleと言えばアルミ。大抵のカーボンバイクを凌ぐ性能を持つと言われるバイクがこのCAAD12(キャド トゥエルブ)です。CAAD12のフレーム重量は1,150g前後。カーボンフレームが一般的に900~1,200gとすればアルミとしては健闘していることがわかります。軽量アルミとしてはライバルにCOLNAGO STRADA(1,100g)やGIANT TCR SLR(1,100g)があります。このあたり重量はほぼほぼ同等。

CAAD12だけが別格扱いされるのは重量ではなく乗り味です。クロモリのようにしなるリア三角と3次元に設計された剛性たっぷりのヘッドとハンガー周り。カムテイル形状により空気抵抗を減らしたダウンチューブなど。今現在考えられる最適な素材に最適な処理を施し、すべての加工を惜しまず注ぎ込んだ作り込みにより「アルミとは思えないしなやかさ」と「アルミならではレスポンス」の両方を兼ね備えています。

ところで2017年cannondaleのエントリーグレードのアルミバイクの価格は

CAAD OPTIMO SORA・・・115,000円

CAAD OPTIMO TIAGRA・・・130,000円

CAAD OPTIMO 105・・・160,000円

105まで来ると、あと3万円でCAAD12 105(190,000円)が買える!というところまで予算が上がってしまいます。そこで冷静になって、やはり15万円までで・・・と思いとどまってCAAD OPTIMO TIAGRAに落ち着きます。もし、CAAD12のTIAGRAモデルはありますか?とするどい質問をされるお客様もいらっしゃいました。

2018年はご存知shimano105がモデルチェンジします(すると思われます)。今から新型105が発売されるまでは、がんばって105モデルを買う意味がありません。どうせ旧型105になるわけですから。と考えていたら2018年モデルのCAAD12、TIAGRA仕様が先行入荷してきました。

ならばCAAD12も今はTIAGRAモデルが「買い!」です。

現在考えられる最先端の自転車がココにあります。

価格:162,000円(税込・ティアグラ仕様)~

2017年06月16日