cannondale supersixEVO Hi-MOD DISC × SRAM RED


supersix EVOが世界最軽量クラス695gとうたって登場したのは2012年モデルだったでしょうか。乗ってみると軽さよりも乗り心地の良さが際立ってました。とにかく滑らか。自然とケイデンスが上がり、シフトチェンジの度にスピードが上がる自転車で・・・揺れない自転車は速いことがわかりました。毎年モデルチェンジの度に「去年より剛性アップ!」「より軽量に」という時代に終止符を打ったモデルでした。それから各社、EVOに追従するようにレーシングバイクをコンフォートな方向に転換してきた一方、cannondaleはより快適性能を追求したモデルSynapseを2014年に発売。「コンフォートバイクは速くない」という常識を覆す高速巡行性能の高い自転車を作りました。翌年には他社に先駆けてディスクブレーキを標準化。ディスクブレーキ化するにあたり、左側にしかないブレーキを使って高速域から一気に減速する際にも車体がブレないようにカーボンレイアップを左右非対称にするなど、目に見えない改良を重ねてきました。

2017年のsupersixEVOはSynapseで培ったコンフォート技術とディスクブレーキを搭載するノウハウをすべて注ぎ込み、リニューアルされました。

現在考えられる最先端の自転車がココにあります。

価格:529,200円(税込・アルテグラ仕様)~

2017年03月29日